外壁塗装を知る

外壁塗装の耐用年数の違い

外壁塗装の耐用年数の違い

外壁塗装の耐用年数の違い 戸建て住宅にお住まいの方であれば、殆どの住宅で外壁塗装が必要になります。新築で購入したり建てたりした住宅でも必ず耐用年数というものがあり、長くても約10年を経過すると外壁塗装を行うことが多いものです。
塗装をする期間の違いについては素材別で把握することもできます。サイディングを利用している住宅の場合、比較的長持ちさせることができますが、モルタルや塗り壁の場合では、ひび割れが出てしまうことも多いので、期間は短くなります。
木材を利用している外壁は更に短い期間で塗り替えが必要です。素材だけではなく用いる塗料でも違いがあります。
ウレタン塗料の場合では約6年、シリコン塗料は約8年、フッ素塗料以上であれば10年程度の耐用年数と考えることが一般的です。
住んでいる地域によっては例外というものもあります。風や雨が多いエリアや積雪の多いエリア、日差しの強いエリアなどの場合では、短い期間で外壁塗装が必要になることが目立つので、自主的に外壁を確認しながら劣化状況を判断してみることも大切なことです。

外壁塗装の耐用年数と会計処理のポイントとは

外壁塗装の耐用年数と会計処理のポイントとは オフィスビルや賃貸アパートなどが古くなったときには、外壁塗装工事を行って建物をリフレッシュするのが理想的です。その場合には確定申告時に所定の費用を計上して、支払う税金を減らすのがポイントです。
しかし外壁塗装工事の内容によって会計処理の方法が異なるので、税理士などの専門家のアドバイスを積極的に活用するべきです。
単に外観を美しくする目的の低料金の施工であれば、確定申告時に一括処理するケースが一般的です。けれども大規模な外壁塗装工事の場合には法定耐用年数は10年であり、10回に分けて減価償却を行う必要があります。
またウレタン系の塗料を活用するケースが多いですが、耐久性に優れているためにフッ素樹脂系の塗料を使った施工プランも評判です。
フッ素樹脂系の塗装の場合には耐用年数が15年以上であり、減価償却の期間は更に長期化します。各工法の償却の仕組みを正しく理解して、ルールに従って確定申告を行って納税するのが賢い方法です。