外壁塗装を知る

適時の塗替えが必要

適時の塗替えが必要

適時の塗替えが必要 外壁塗装には寿命があり、長年風雨や紫外線にさらされ続ける事で、外壁に細かいクラックが走り、塗膜表面も雨水をはじく機能が劣化するのです。
こうした状態を放置していると、雨水が住宅躯体を腐食させる事になるため、メンテナンスと塗り替えが必要となるのです。
この外壁塗装の塗膜劣化の寿命は、塗料の種類によって異なり、塗り替えるべきタイミングは塗料種によって異なると言えます。
最近では、コストパフォーマンスが優れているとしてシリコン系の塗料に人気があり、このシリコン系の場合で12年程度が外壁塗装をやり直すタイミングと言われています。
この塗膜劣化の状況を把握する方法として、外壁表面を指でなぞり、指に白い粉が付着するかどうかで判断する方法があります。これはチョーキング現象と言われ、この症状が出ていれば外壁塗装をやり直すタイミングと言えるのです。
大切な住宅を風雨から守り、資産価値を守るためにも適時の外壁の塗り替えは確実に行うべきと言えます。

外壁塗装は建物を外部の様々な影響から守る働きがある

外壁塗装は建物を外部の様々な影響から守る働きがある 外壁塗装は建物の美観を整える目的で行うと思っている人もいるかも知れませんが、決してそれだけではありません。
住んでいる人からすれば見た目の問題が一番であることは間違いありませんが、それ以上にもっと大事な役目があります。
それは外壁塗装によって外部からの様々な影響から、建物を守るという働きです。
外壁は文字通り外の壁であり、常に屋外にあるわけですから絶えず外部からの様々な影響を受け続けています。
風雨にさらされたり太陽の紫外線や車の排気ガスなど、建物を劣化させるものはいくらでもあります。
外壁塗装を行っておくことによって、これらのことから建物が守られることになり劣化を防いでくれることになるのです。
また、外壁塗装が水漏れを防ぐという働きもあり塗装があるからこそ、雨が降っても隙間がないので内部にまで水が入ってくることはありません。
もしも、塗装が劣化をしてしまえば隙間が発生してそこから水が入り込んできてしまうことになります。